2017/06

<< June 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

豪雨後の小野湖

今週は、今期初めての

山口県・小野湖へと行ってきました。

 

 

前日の福岡は豪雨でしたが、

朝、厚東川に車で到着して見ると、

その光景に唖然。

 

 

 

濁流。

 

山口県もそんなに降っていたとは調べ不足でした。

 

 

そんな濁りの小野湖、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回

太田筋と厚東川のみで釣りをしていったのですが、

かなりやばかったです。

 

 

 

 

いつもの水よりかなり濁ってはいましたが、

濁り水は嫌いではありませんし、

 

しかし、何も反応がなく。

濁りの恩恵もなく。

 

 

時間は既に、もうお昼を回ってました。

 

エリアを大きく変えようと思い、大移動を決めましたが、

午前チェックしたシャローに日が差し、

風が当たり始めていた為、気になり、

再度そのシャローに入り直しました。

 

チャターベイトからアプローチした1投目に、

バイトが入り、

午前もチャターベイトで流していて、

何か?あってないのかなと思い、

シャローロールに結びかえ、

 

すると、

 

 

 

 

 

 

1発目から、今年初の50UPをキャッチできました!

 

 

立て続けに、今度は45upが、

2、3

 

 

 

 

 

 

 

マジかって感じでした。

 

バイトが止まり、

他のエリアを釣りにいきました。

このようなシエーションで

釣っていきましたが、全然探せません。

 

 

スロープへ帰る時間も迫り、

見つけれないが故、

あのスペシャルだったエリアへ最後戻り、

 

 

 

 

 

 

 

 

魚体を見て頂くとお分かりとおもいますが、

魚は変わりましたが、、

 

 

やはり

 

 

 

普段、ここまで

1箇所のエリアに執着して釣りをしない為、

他の釣りやルアーの検証も交え、

今回は、魚の入れ替わる感や高条件のピンへの依存、

反応の違いを見る事ができました。

 

 

 

 

(シャローロール以外で唯一反応したのは

  スーパースポット)

 

 

 

 

 

再度このエリアに戻らなければ、タイミングがずれていれば、

今回、余裕でデコっていたと思います。

 

ちょっとした事の繋がりと立ち回りのタイミング次第で、

0になるか、今回のような釣果なのか?

 

バスフィッシングは本当に紙一重ですね。

 

今回は、貴重な経験をさせて頂ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 


trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--

qrcode

mobile