2017/04

<< April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

春 「江戸物」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017  春

 

江戸物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エドモン」crankbait

 

完全ハンドメイドの

balsawoodクランクとなり、生産も大変貴重

 

これだけの数量のエドモンのクランクベイトを

入手できたのは今回が初めてとなります。

 

 

 

 

 

 

更に今回の入荷分では、

初めてのリリースとなるテストモデルのクランクベイトもございますので、

入荷モデルを順にご紹介していきましょう。

 

 

 

 

 

弾 (DAN)

 

46mmと小ぶりなラウンドボディのシャロークランク

レンジ0.3m〜0.8m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弾DEEP / 坊DEEP

 

共に1.2m〜1.8mのレンジ設定で、

一段下の魚を釣る為に作られたDEEPモデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同レンジで作られた

ラウンドの弾とフラットサイドの坊は、

その日のコンディションに合わせ、アクションでの使い分けと

その時にどちらが釣れるのかを検証する為にスタンバイされました。

 

クランキンが軌道し、レンジの許容があれば

「どちらかのモデルで釣れる」

という、クワセのクランクベイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80mm/21g  ワイドボディの0m〜0.5mの

スーパーシャロークランクRETUには元ネタになったクランクベイトが存在します。

 

それはフットルース。

あの釣れるフットルースをでかくしたかったとの事で実は作り出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後が、今回国内で初めての販売となります

テストモデルのクランクベイト

 

 

115mmのロングボディ

でかクランク(仮)

 

 

 

 

 

坊と比べてこの大きさ。

 

このモデルはかなり前に作られていたモデルをベースに

アクションが見直されたモデルとなります。

 

テスト段階では釣果があがっているものの、

製作者自身が、明確な使うべき理由がまだ分からないという本音のところで

数個だけをテストモデルとして販売して頂く事となりました。

 

 

アクションはかなりいいです。

このモデルに関しては、よろしければ

実釣においてのレスポンスや釣果をご報告頂きますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなエドモンのクランクベイト達、

 

存在する理由は、

 

製作者、石名さんが釣りにおいて自分が必要なもの

使うものだけを作り、開発する

 

シンプルですが、本質的な事です。

 

 

 

 

 

 


trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--

qrcode

mobile