2017/10

<< October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

depsxHONEYSPOT ◆[BUBBLEGUM]

 

 

 

 

偉大なるバスフィッシング国アメリカでは

古くから「バブルガム」が存在し、

愛用されている奥深きカラーです。

 

自然界には、存在しないバブルガムは

「赤+白」から形成された膨張色となり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでは

フローティングワームを代表とし、

スラッゴーやFlukeやTRICK、国内でも馴染みの高いSenko、

バズやPOP-Rなどなど、ルアーの多くに存在します。

 

 

 

 

 

 

表層レンジへのルアーに多くバブルガムが起用されているの

目立ちますが、何故なのでしょうか?

 

 

ピンクは視認性があり、操作性が上がるという理由もあるでしょうし

 

 

 

 

 

一説では、ウエイト面での使用、

他のカラーより重いため、使用されているとも聞きましたが、

Flukeを例にウエイトを測っても、その差はほとんど出らず、

その事実は分かりません。

(1パック総重量で比べて、1gくらいの差が出てくるレベル)

 

 

 

では、浮力なのか?

塩の含有量による、比重の違いもあるものなのかと

今回のブルフラットのバブルガムを例にすれば、

含有量は、他のカラーと同じ。

違うのは、ラメを入れた場合の硬度が多少変わるくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このバブルガムは表層の使用、

表層だけで釣果があがるカラーではありません。

 

 

Senko/229バブルガムの

ノーシンカーやテキサスリグのフリップ

「Fall」でよく釣れ、

229のジャンボグラブをトレーラーとしたフットボールでもよく釣れます。

それってゲーリーが釣れるだけじゃないか??でも、カラーはバブルガム

 

 

 

このバブルガムにおいてですが、

いろんなピンクのワームを使用し検証した時代もありました。

クローワームにもピンクが存在すれば使ってみましたし、

 

 

その結果、ピンクの色合いでも釣れた釣れないが明確に出ましたし、

細身ワームとの方がマッチ性があるのを感じ、サイズ感も重要ではないかと感じました。

 

 

 

 

 

そういった事から、

バブルガムは、見ての通り派手で

アピール力があり、

リアクション的にくわせる機能が非常に高いカラーではないかと考えます。

 

 

その考えに沿えば、

スティックベイトなどのリアクション要素が高いルアーに

バブルガムが用いられている事も、

 

バブルガムが、

濁りの中のフリップだけでなく、

クリアウォーターや、

ディープウォーターでも、釣れるカラーという事実にも結び付きます。

(サイトで使われる理由も、

   サイトだけで釣れるカラーではないという事も)

 

 

そういった見解から、

 

スパイラルフォールやスライドフォールするブルフラットには

マッチするのではないかという理由で

この度、別注カラーが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもですね、正直な話

 

ブルフラットのバブルガムカラーの実釣では

アピール力が強いが故に、

全く反応しない、全く釣れないという事も多々経験しました。

 

状況がよくない程、覿面にバイトが出ません。

もっとスロー操作ならば、やはり既存のナチュラルなカラー方を使うべきでしょうね。

 

 

 

 

 

(ブルフラット4.8")

 

 

 

 

 

しかし、

スタッフ立石なんかは、

(夏のかき氷屋の時、マジック兄さんです)

 

 

ブルフラットのバブルガムを手にした1回目のクリーク釣行から、

すぐに40upをキャッチし、

 

 

 

 

 

 

 

続けて、53cm!!!

 

 

 

 

 

 

 

3.8"を封印させても、4.8"で

サクッと釣ってくる始末。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、琵琶湖となりますが、

LOWRANCEイベント時に、このブルフラットのバブルガムを発見され

長谷川さんといえばピンクがシンボル的な事もあり

 

以上な反応と、

「ブルフラット使った事ないから、使ってみたい」

との事で持ち帰られ、

 

 

 

 

 

 

 

持ち帰った1発目の釣行で、

あっさりとキャッチされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の釣行時でも、

 

オカッパリで57cmをキャッチされる始末。

 

 

 

(ブルフラット4.8")

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルフラットのバブルガム、

う〜ん分からない、

ほんとに分かりません・・・・・。

 

 

 

そんな魅了的な

バブルガムのブルフラットをお使い頂き、

どうか皆様の釣果をお教え頂けませんでしょうか?

 

何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--

qrcode

mobile