2020/05

<< May 2020 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

10XDのインプレ紹介

本日、博多上空朝からチラチラ雪が降っておりました。
まだまだ、寒いですね。

さて、フィッシングショーネタも終わり、
久々に、通常モードの更新に戻ります。


先日、入荷の際に紹介させて頂きました
スーパービッククランク「10XD」ですが、あの後、即完売!
すぐに再入荷した分も、グリーンギザードシャッド2個以外
すべて完売しており、3月の入荷待ちとなっております。

やはり、この潜行深度を誇るディープクランク、
この物体そのものに、興味を持つ方が多かったのでしょう。

しかし、まだこの時期で
気になるけど、手にしてないという方も多いと思います。



自分自身が読んで、とても興味深いなと思いました
10XDのインプレブログ記事がありましたのご紹介させて頂きたいと思います。

気になる方は、ぜひチェックお願いいたします。





    http://kotakiriyama.com/


桐山プロが10XDについて詳しく使用感を書いてありましたので
ブログhttp://kotakiriyama.com/blog/より拝借させて頂き紹介させて頂きます。

10XD インプレ

市販の10XDを試してきました。 まずは、ウェイト。 
2オンスと書いてあるがいかがなものか。 

はい、確かに2オンスですね。

そして、実釣のため、レイクという名の職場へ直行。

これ、やっぱりでかいね。

色々なリールとロッドセットを試してみました。 
もちろん、ケビンのロッドでもね。 ラインは日本基準のフロロ16ポンド。

さて、まずはキャスト。 このサイズで、しかも重心移動も入っているので、
半端なく飛びます。 特にDCで飛ばすと、わずかの力で、ウィーン!とぶっ飛びます。
これは、すごい。

それから、一番気になっていたリトリーブ感覚。 こんだけでかいと、
ボトムを耕しちゃうんじゃないかと思っていたが、これは、以外。 
これだけ大きくありながら、さくさく引けちゃう。 
5:1のローギアから、7アップまで試したが、7以外は問題なし。
それも7でも我慢できないレベルじゃないというところがびっくり。
ただ、リールグリップは長めで、パワーグリップの方がやっぱり、楽。
ロッドも最低7’2”は欲しい。 ルアーにパワーがあるので、
それを操るだけでも、それぐらいの長さは必要となる。
理想は7’5”−8’だろう。 逆にそれだけないと、
ルアーのポテンシャルを引き出すことができない。

そして、潜るレベルはどうか? ほんとに25フィート行くのか?
実際は、22−23フィートまでは行ってる。
しかし、25は? がんばったら行きそうっていうのが、今回の答えです。
ただ、凄いのは、これまでできなかった6−7メートルのボトムを
はっきりと取れるという事です。 
今までのクランクだと、5メートルとか書いてあっても、
それは、超ロングキャストして、さらにラインも10ポンドとか細くして、
マックスでたどり着くレベルであったのが、
これだと、5メートルはゴリゴリに耕せちゃうぐらいいけますね。 
よって、ハードベイトにて、深海魚にアピールできる可能性が高くなったということです。 

ただ、調子乗りすぎて、そんなディープを気持ちよく叩いてると、根掛かった時がピンチ。 大抵のルアーリトリーバーは最大で18フィートまでしか伸びないので、
実際使えるのは15フィートぐらいまで。 
今回、2種類の長いリトリーバーを持っていたにも関わらず、
ルアー回収できず、10XDを、1個ロストしました。 

全体的に考えると、新しい世界を見れるし、釣れそうということで、
このレベルのクランクは2,3個はボックスに持っていたいですね。
特にバスがディープにいってしまった季節では、
ワームとかでは反応しないビッグバスが狂いそうです。 
ただ、もう少し工夫すれば、もっと飛ぶので、ワンサイズ小さいくできて、
よりプロダクティブゾーンにルアーを通すことができるようになりそうです。
泳ぎはさすがでした。

結局10XDでは釣れませんでしたが、スカッド115で2発出しました。 






そして、もう一人プロの釣果報告のご紹介です。


http://www.geocities.jp/kimken_guide/




渡米中だったキムケンのブログ(http://ameblo.jp/kentakimura/
よりご紹介させて頂きます。



レイクレコード!?


きょうはトビーとローカルトーナメントに出る予定でしたが、
朝ボートランプに行ってみると毎週行われてるはずのトーナメントなのに誰もいない汗

どうやらグランドレイクでは先週からボートで釣りをしてた人が行方不明になってるらしく、捜索のため毎日警備艇が一部のエリアに出てるので、大会は中止になったみたいです…


ということで、邪魔にならないとこでプライベートフィッシングすることに。

昨日同様、ジャークベイトで〜2ポンド半くらいの(〜43cmくらい?)は
比較的イージーに反応しますが、デカイのが混ざらんのです…

これはこれで楽しいんですが、もう少し深いレンジをやってみようということになり、


最近アメリカで話題沸騰中の10XD(ストライクキング)を試してみることに。

昨年末からトーナメントで破壊的なウエイトが出たりしてるみたいで、
知人のストアでも即完売だったらしく、ラスト1個を売ってもらったのです。


なんしか、デカい。


そういえばデプスでもカズさんがデカいキックバッカー作ってます、早く使ってみたい。。



引き心地はと言いますと…


すでに45クラスが掛かってるかの如く…笑


でもなんか釣れる気がして、1時間ほど巻き倒してみました。


で、わたくしの引き運炸裂ドンッ


でっかいスポッテッドバス釣れたクラッカー

ラージに比べ、スポッツはデカくならないので、かなりいいサイズです音譜

本来はラージよりサイズのわりによくファイトすると言われるスポッツですが、
ぶっちゃけクランクが重過ぎてファイトはかえって軽かったというあせる

今日の朝、偶然トビーが「スポッツの3ポンドオーバーを狙おう、
レイクレコードを破るんだ!」と、冗談で言ってたのを思い出す。。


抜きあげた瞬間、トビーが「レイクレコードー!」って言うから、電話で確認
、3ポンド2オンスくらいがそれまでのレイクレコードだったので、
たぶん超えてるだろうということで、タックルストアの州公認の量りで
正式に量ってもらうことに。



超えてました叫び

ということで、書類にサインし、正式にスポッツの
グランドレイクレコードホルダーとなりましたクラッカー


とはいえ、このレコード申請、2年ほど前から正式に始まったばかりらしいので、
たぶんすぐに抜かれます。


まあ、思い出作りということで。笑


それよか10XD、ヤバいな、たぶん汗






以上、ご紹介は終わりです。
今度は、この国内での釣果報告がございましたらぜひ紹介させて頂きます。


trackback


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--

qrcode

mobile